HADAKOTO(ハダコト)

丁寧すぎるクレンジングはお肌を傷つけてしまうことがあります

丁寧すぎるクレンジングはあなたのお肌を逆に傷つけてしまいます

美肌

丁寧すぎるクレンジングはあなたのお肌を逆に傷つけてしまいます。

毎日するメイクを落とすためにゴシゴシと一生懸命クレンジングをしているという方が気をつけたほうがいいかもしれません。メイク落としに使うクレンジング剤は元々刺激が強いので、できるだけ手早く、そしてお肌に優しく行うことが重要です。

ファンデーションなど油分の汚れは水になじまないため石鹸や洗顔料だけではきちんと落とすことができません。ただ、そのためにクレンジングを必要以上に頑張ってしまうと肌への負担もそれだけ大きくなりますので気をつけるようにしてください。

クレンジング剤はメーカーによっても成分等が異なりますが肌のためにはできるだけ優しいものを使いたいと思いますよね。洗い流せるクリームタイプや乳化した白いジェルタイプのものがオススメです。

そういったものを使っても肌につけている時間が長いほどお肌の負担も大きくなってきますので、できるだけ手早く行うことがポイントとなります。

もしかしてクレンジングの際に、このような事してませんか?

メイク落としの量が少ない

クレンジングの時に指で擦る刺激は肌荒れやシミシワなどの原因になることがあります。クリームタイプのメイク落としでも、たっぷり使わないと肌を強くこすることになってしまいます。そうすることでお肌への刺激が強くなりますので、メイク落としの量は適切な量を使うようにしてください。

力を入れてゴシゴシこする

メイクを落とす際にはクレンジング剤を手早く伸ばしてファンデーションなど馴染ませるだけで充分です。メイクを一生懸命に落とそうとしてゴシゴシこすったりするのはお肌に負担がかかりますのでやめるようにしましょう。

タオルでゴシゴシこする

クレンジングや洗顔の後は柔らかいタオルなどでやさしく抑えて水気を吸い込ませるようにしましょう。この時にゴシゴシこするようなことをするとお肌を傷つけてしまうのでやめるようにしましょう。

ちょっとしたことですが細かい事の積み重ねで肌年齢が進んでいくことを抑えることができますので注意してみてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • 最近の投稿