HADAKOTO(ハダコト)

洗顔後にタオルで顔を拭く女性

乾燥肌とその対策は

美容

みなさん乾燥肌(ドライスキン)についての対策は何か行っていますか?

乾燥肌といえば寒い時期とイメージしやすいですが実は季節に関係なくお肌が乾燥している方は多くいらっしゃるのをご存知でしょうか?
もしかしたらあなたも隠れ乾燥肌かもしれませんので注意してみてください。

季節と乾燥肌

先ほど書いたように乾燥肌で悩まれている方は寒い時期だけではなく、例えば夏の時期でも乾燥肌になっている方がいらっしゃいます。
暑い時期でも乾燥肌になってしまう代表的な原因として「エアコン」「紫外線」「洗いすぎ」の3つがあります。
暑い季節はどうしてもエアコンをつける機会が増えます。冷えすぎないように気をつけていても外出先や屋内がしっかりエアコンの効いた快適空間になっていたりすることは多くありますね。エアコンの効いた空間は外気と比べ湿度が低くなっています。その湿度が低い空気は直接触れている肌から水分を奪ってしまうのです。水分は乾燥している方へ移ろうとするので仕方がないのですが度が過ぎると乾燥肌の原因となってしまうことがあります。更に直接的に冷たい風に当たり続けることも避けるようにしてください。風に当たると涼しく感じますが実際に肌の水分も一緒に持って行かれてしまいます。
「エアコンは冷えすぎるから私は扇風機使っていますので大丈夫ですよ」と思っている方がいらっしゃったら注意してください。洗濯物に扇風機を当てていると乾くのと同じで扇風機の風を直接浴びているとお肌もどんどん乾燥してしまいます。
我慢できる範囲で出来るだけ肌の露出を避けお肌の潤いを逃さないようにしてください。

紫外線の影響も

ポイントはバリア機能です。肌の表面は厚さ約0.02mmほどの角層で覆われています。また肌の表面の皮脂と汗が合わさった皮脂膜も重要です。この角層と皮脂膜が合わさってバリア機能を保っています。紫外線の影響によりお肌のバリア機能が低下し水分保持力が失われてしまうので乾燥肌へと変化してしまうのです。

洗いすぎに注意

暑い季節はよく汗をかくのでテカリを気にして洗いすぎたり、洗う回数が増えたりする方もいらっしゃると思います。ただし洗いすぎのレベルまで行くと先ほど書きましたお肌の表面にある皮脂膜までなくなってしまい水分保持力が低下することとなってしまいます。またナイロンタオルなどでゴシゴシ洗ってしまうと厚さ約0.02mmという薄さの角層を傷つけてしまうことになります。よく洗ってきれいになろうとする行為が乾燥肌を招いてしまうこともありますのでお肌はほどほどに優しく洗うようにしましょう。汗などでべとついていると気持ち悪いのですが洗いすぎたカサカサ肌は更に乾燥を促進させます。美肌のためには過剰にならずに適度なケアが重要です。

乾燥肌の予防

お肌のためにも色々とケアしてあげたいところです。一番良いタイミングとしては毎日の入浴後にしっかりスキンケアをしてあげることが大切です。お風呂に入っている時はお肌が潤っているような気になるかもしれませんが、実はお肌の潤い成分が流れ出しやすくなっているのです。そのままの状態でいるとお風呂上がりはお肌が急激に乾燥してしまいます、その時にしっかりとケアしてあげると良いですね。
まずは入浴直後の汗が引いた時に化粧水をたっぷりとつけてなじませます。次に保湿美容液をつけて最後にクリームでしっとり潤いを閉じ込めます。
乾燥が気になる時は浴室から出る前に保湿オイルを塗ってあげると更に良いかもしれませんね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • 最近の投稿