HADAKOTO(ハダコト)

乾燥肌の原因と対策

皮膚の油分が足りないから乾燥肌になると思っていませんか

美容

皮膚の油分が足りないから乾燥肌になると思っていませんか

肌に含まれる水分量が少なくなった状態が乾燥肌なので油分が少ないから乾燥しているわけではありません。肌のかさつきが気になっているときはまず肌の保湿力を高めることを考えると良いでしょう。

油分を追加しても水分量を補うことにはなりません

健康的な肌の角質層は20%から30%の水分を含んでいると言われています。この水分量が20%以下になった状態が乾燥肌と言われています。
肌が突っ張るなと感じるほどの自覚症状が出ている時は肌の水分量が10%以下まで減ってしまっていることもあります。そのような時はクリームなのでケアをする人が多いと思いますが、実は油分を補っても乾燥肌の対策にはなりません。
肌の水分量を決めるのはセラミドなどの細胞間脂質で、セラミドは水分と結びつきお肌に潤いを保つ成分です。

お肌の水分量を保つセラミドが減ってしまっていると、お肌自身の保湿力が低下してしまいます。
結果的に乾燥肌へと変化してしまいます。

セラミドで保湿能力を維持

乾燥肌の予防にはセラミドを含んだ美容液などで肌の保湿力を高めてあげることが重要となります。またスキンケアのやり方を見直すことが必要な場合があります。
刺激の強いメイク落としを使っていたり、コットンで強くこすったり、お肌を傷つけることを日常的に行っていると乾燥肌になってしまう場合がありますので気をつけてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • 最近の投稿